「褒めことば」を贈りあうことで、チームを強くするSlackアプリ「ノビルくん」を提供開始しました

@Engagementを運営する株式会社トラックレコードは昨年、「組織のエンゲージメントに貢献できるサービス」の第1弾として、仲間をスタンプでホメるSlackアプリ「ホメルくん」(β版)をリリースしました。おかげさまで50を超える企業・チームにご利用いただいています。

このたび、より多くの企業・チームのエンゲージメント向上に貢献したく、第2弾として、称賛や尊敬、感謝の言葉を、Slackのチャンネル上で贈りあうことで、チームの心理的安全性向上に貢献するアプリ「ノビルくん」(利用無料)を提供開始しました。

※ノビルくんカスタマイズや、SlackアプリをはじめとしたHRツール開発のご要望がありましたら、こちらまでお問い合わせください。企画から開発までお手伝いさせていただきます。

チーム単位で気軽に導入できる。「ありがとう」を贈りあえるアプリ

組織エンゲージメントを高める手法の1つとして、リアルタイムでフィードバックを贈り合うピアボーナスなどの取り組みが広まりつつあります。一方で、会社として給与制度設計・運用などの検討が必要というハードルがある取り組みでもありました。

もっと気軽に、だれかの行動に「ありがとう!」や「すてき!」を伝えることができれば、もっとチームのエンゲージメントは高まるのではないか、そう考え「ノビルくん」をリリースしました。

 

指定したチャンネルにノビルくんボットをinviteするだけで、いますぐ使える

「ノビル」くんの使い方はとても簡単。「ノビルくん」をSlackにインストールし、特定のチャンネルに招待するだけで設定は完了。指定チャンネルでメンションをつけて「褒めことば」を贈ると、「ノビルくん」は “粋なひとことコメント” を返します。また、月単位で褒めことばをもらった人、そして贈った人をSlack上で表彰します。

 

<ノビルくんの特徴>

①導入はとても簡単。指定したチャンネルにSlackアプリ「ノビルくん」を招待するだけです。利用は無料です。

 

②誰かを褒めると、「ノビルくん」が「粋なひとことコメント」を返してくれます。

 

②毎月末に、「最も褒められたエピソード」、「贈った人」、「貰った人」を表彰しゲーム性をだすことで、「褒めあう」ことが活性化します。

 

ノビルくんを導入することで生まれる3つの効果

①Slackでは現れにくいメンバーの行動に、「賞賛」を通じてスポットライトをあてます。

②みんなの普段の行動に「褒めことば」を贈りあうことで、メンバー同士の関係性を深めます。

③「褒めことば」を伝えることで、メンバーの行動を促し、個々人の成長に貢献します。

 

「ノビルくん」のトリセツ

①こちらからアプリのダウンロードページへ

 

②アプリをインストール

 

③指定したチャンネルにノビルくんをinvite。これで設定は完了

 

④「@ノビルくん」で呼びかけると、使い方が表示されます。

 

⑤チャンネル内で@XXをつけて「褒め言葉」をおくるだけ。

 

⑥毎週頭に、1週間でもっともスタンプをあつめた「ベスト褒めエピソード」をレポート

 

⑦毎月頭には、月間の「ベスト褒めエピソード」を勝手に表彰

 

⑧褒めた人、褒められた人も表彰

 

⑨(悲しいけど)アンインストールしたくなったら「remove @ノビルくん」と言うだけ

 

「ノビルくん」のファミリーでもあるSlackAPP「ホメルくん」って?

ノビルくんには、「ホメルくん」というブラザーがいます。

「ホメルくん」は、Slack上のメンバーの投稿に、特定のスタンプを贈ることで、ホメることができます毎月月初に、一番多くスタンプをもらった人をSlack上で表彰します。Slackの中で埋もれている発言にもっとスポットライトをあてたいチームにおすすめです。

詳しくはこちらから

 

 

 

koji nozaki

@Engagement編集長 / 株式会社トラックレコード代表取締役(共同経営者)。DeNAでの人事プロジェクト「フルスイング」の責任者、MERYの雑誌事業責任者やブランディング責任者などをつとめ、株式会社トラックレコードを2018年に設立。